最新ニュース

第四章 必ずしなければならない4つのこと〜ナプキンプレゼンテーション No.3

※この訳は書籍のなるための最終校正前の最終内部校正訳によるものです。書籍の訳は多少変わりますのでご了承下さい。

最初のプレゼンテーションでは、あなたが「すること」について解説をいたしました。二番目のプレゼンテーションでは自分の組織を深く掘り下げて行く際に、あなたが「してはいけないこと」についてお伝えしました。この章では、ネットワークマーケティングで成功するためにあなたが「しなければならない」4つのことをご案内いたします。これらの4つはあなたがすべき必須項目です!

ネットワークマーケティングで年収1,000万円、2,000万円あるいはそれ以上稼いでいる人は誰でもこれら4つのことを実践してきていますし、実際今もやり続けているのです。

chapter04-01

車で行く旅

これらの4つのことをしっかりと覚えられるように、またあなたがコンタクトする人がより分かりやすいように、一つのストーリーを使って、大切なポイントを紹介していきます。このようにすれば、コンセプトの理解と、「しなければならないこと」が容易にわかります。そのストーリーとは、こんな感じです。

雨降りのワシントン(この例を引用する場合、ご自分の都合の良い都市を選択してください。)を出発し、自家用車で旅行に出かけたいと思っている、と想像してみてください。そして良く晴れ渡ったカリフォルニアへとドライブに行きます。カリフォルニアの輝く太陽は、今あなたが取り組んでいる仕事でトップポジションに到達したことを表しています。ですからカリフォルニアへの到着こそがあなたの成功であり、トップを極めたことになるのです!

chapter04-02あなたが最初にすべきことは、車に乗り込んでエンジンをかけてスタートを切ることです。言うまでもありませんが、スタートを切らずにネットワークマーケティングで大きな収入を得た人などいる訳がありません。初期投資額はあなたが選んだ会社とプログラムにもよります。まったく無しの「0」からはじまって、2,500円、5,000円、10,000円、20,000円、50,000円、あるいはそれ以上と幅があります。chapter04-03

この旅行をするにあたって、あなたがしなければならない2番目のことは、ガソリンとオイルを補充することです。あなたのこの旅行で目的地を目指す時、ガソリンとオイル(商品やサービス)を消耗していきます。こうして使ってしまったら補充をしなければなりません。ですからネットワークマーケティングでは消耗品が適していると言えます。商品を使い終えれば、購入しないといけませんよね。使っては購入、使っては購入。要するに、自分が所属するその会社の商品やサービスを自分自身で使用しなければならないのです。

そのほかのポイント

chapter04-04「ナプキンプレゼンテーションのNo.1」を思い出して下さい。780名のディストリビュータということが大切であって、どのような会社かが問題ではなく、この人数の大きさが重要なのです。ただし、当然ながら、消耗品を取り扱う会社のほうが有利だということはおわかりになると思います。ほどんどのネットワークマーケティング企業はこのカテゴリーに属します。消耗品ではない耐久性消費財は、通常一般的な小売りや直接販売で取り扱われます。もちろん常にということではありませんが。

商品やサービスを自分で使うもう一つの利点は、それら商品の素晴らしさをあなた自身で実感できるということです。ネットワークマーケティング企業は広告宣伝費に多額の費用をつぎ込むかわりに製品開発に資金を投入します。こうしてたいていの場合は、小売店で見かける一般的な商品と比べるとより高品質の商品やサービスを提供できるのです。chapter04-05

では4つのポイントを表すストーリーに戻りましょう。

3番目にあなたがしなければならないことは、ギアをドライブ状態に入れることです。もちろん誰でもビジネスをはじめたばかりの時、トップギアで発進する人はいません。chapter04-06すべての人はまずニュートラルからスタートします。(ちなみにここでは「オートマチック車」ではなく「マニュアル車」で運転しているという想定です。)運転席に座っていてセルモーターを回し、エンジンが掛かっているのですが、まだ駐車場に停車しているような状態です。ですがそのままニュートラルであれば最終目的地はおろか、どこにも行くことはできません。

chapter04-07ギアを入れるために、あなたはこのビジネスに誰かをお誘いしてその人をスポンサーしなければなりません。誰かをスポンサーできたら、そこでローにギア(訳者解説:マニュアル車の場合、ギアは、ロー、セカンド、サード、トップ、オーバードライブの順番です。)を入れたことになります。

あなたがすべきこと。それは真剣に取り組む 5 人と一緒になって5回ローギアを入れることです。 真剣に取り組む人をどのようにして見極めるのか、それにつきましては後述するプレゼンテーションの中で、じっくりご案内いたします。

ギアをローからトップへと一段ずつ上げるchapter04-08

このストーリーは、あなたがビジネスを進めることをすべてのギアを使って展開させて行きます。

あなたはまず、5人の真剣にビジネスに取り組む人をスポンサーします。すなわち、その都度5回ローギアを入れるべきなのです。のちほど、相手が真剣かどうかを判断する方法について触れることにします。あなたは、次にこれら5人にもローギアの入れ方を教えます。

chapter04-095人のスポンサリングを手伝うことで、ローギアの入れ方を教えるのです。5人が5回ローギアを入れれば、あなたはセカンドに25回ギアシフトしたことになります。あなたが直接スポンサリングした5人に、5人をスポンサリングして5回ローギアに入れるように教えます。そうすると彼らはそれぞれ25回セカンドギアにギアシフトしたことになります。そしてその結果あなたはサードギアを125回入れたことになります。

あなたはトップギアに入れるとどれだけ車がスムーズに走るか知っていますか?組織も同じなのです。あなたはきっとできる限り早くトップギアに入れたいと思うことでしょう。あなたのフロントラインがサードにギアシフトすれば、あなたのギアはトップ(フォースギア)に入ったことになります。

当然ながらあなたは、グループの人たちもあなたと同じようにトップギア(フォースギア)に入れたらいいと思うことでしょう。そして彼らがそうなれば、あなたはオーバードライブになります。chapter04-10

どのようにしてオーバードライブにギアを入れることができるのでしょうか。あなたはただシンプルにあなたの直紹介者が、それぞれスポンサリングした人をサードギアに入れるように教える手ほどきをすればいいのです。そうするとあなたの直紹介者はトップギアになり、あなたはオーバードライブになります。

オーバードドライブで運転を続ける

オーバードドライブにシフトして、ネットワークマーケティングの成功への運転をしているならば、そのときこそ分かち合うタイミングの到来です。

4番目は、あなたの旅路の途中での出来事です。あなたと一緒に旅をする仲間にあなたの商品を分かち合うような時間をとることです。彼らに商品を試してもらってください。その商品の良さを経験してもらってください。そうすれば彼らはどこで手に入るのかと聞いてきます。あなたはこの時いったい何をすればいいと思いますか?このタイミングで「分かち合う」ことをします。ほとんどのケースでは、こうしてこのビジネスでの小売り(に相当すること)につながることになるのです。

これまでナプキンプレゼンテーションのNo.1、 No.2、そしてNo.3と学んできましたが、ここでことさら重要になるのは、次のことをしっかりと認識していただくことです。それは私たちがお伝えした「成功するためにしなければならない4つのこと」です。よろしですか、私は一度たりとも外に出て小売をしなさいと言っていません。私は一般的に言われているいわゆる「小売り」はしなくてもいいとお伝えしました。そうではなくあなたの友人と商品の良さを分かち合えばいいのです。分かち合うということであれば見知らぬ人にでさえ商品をお伝えすることができるのです。彼らが商品の素晴らしさや報酬プランを理解したら、あなたは新しい友達(仲間)を得たことになるのです。

顧客は10人以下に

たくさんの顧客は必要ありません。せいぜい10人以下。もしすでに10人の顧客がいたとしたら、もうそれで良いでしょう。このNo.4の分かち合う部分は全体的な割合から見ればとても小さなものだからです。(下記参照)ですから4つの項目をすべて実行しなくとも、最初の3つだけで目的地に到達することができるのです。

chapter04-11

  1. 車に乗り込み、エンジンをかける。
  2. 商品やサービスを使う。
  3. 高速ギアにシフトする。
  4. 友人と商品やサービスの良さを分かち合う(小売りに相当する部分)

chapter04-12ところがここで注意が必要です。もしもあなたがNo.3をしなかったら(サードギアに入れなかったら)そしてNo.4(商品の分かち合い)をし過ぎたら、駐車場から出ることはないでしょう。(それはセールスマンがしていることです。)ひとたびこのことを理解し、No.1とNo.2を加えて取り組めば、正しいネットワークマーケティングへの取り組む姿勢を持ちつつスタートを切ることができます。
あなたの組織に新しい人が参加してきた時、あなたは彼らの潜在意識に「5」という数字を深く刷り込みます。新しい人たちがすべきことは、5人のビジネスに真剣に取り組む人を探すことだからです。

「売る」人を探さない。

あなたが誰かと出会ったとしましょう。その時、ビジネスの調子がどんなものか尋ねてみてください。このような回答を得るかもしれません。「まいったなー、売りたいと思っている人を一人も見つけることができやしない。」ここでまた「売る」という言葉の登場です!

売ることに専念したいと思っている人を探すのはもうやめにしましょう!そうではなくて、「毎日働きに行かなく」とも毎月6万円、12万円、15万円あるいは50万円余分に稼ぎたいと思っている人を探し始めてください。

あなたの周りにそのような知り合いがいますか?あなたも他の誰の答えでも、みな私と同じように「ええ、みんなそうでしょう!」なのです。そういう人に話しかけるべきなのです。誰だって、そんなお金がほしいと思っているわけですから。

だいたいそのようなビジネスを築くためには、自分のスペアタイムを週に5時間から10時間程度費やすことになるということを単刀直入に伝えてください。そして即座にこう言います。「それは当然のことでしょう?」

たまにネットワークマーケティングのプログラムに参加しただけで、うまくいくと思い込んでいる人もいます。そんなことは絶対にありません!よろしいですか。私たちが目的地に向けてドライブしているその車には、オートマッチク機能は付いていないのです。

ご存知のように、学位を取得するために、大学に入る人がいます。それは、まったくもって意味が無いことです。もしかすると読者のあなたもそのような人の一人なのかもしれません。毎日学校に通います。毎週毎週、一日中そして夜遅くまで勉強します。それが何年も続きます。そしてついに卒業を迎えます。で、一体どのくらいお金を稼げるのでしょうか?

成功への道は学習し教えること

10のプレゼンテーションを学ぶために週に5時間から10時間投入してください。そしてあなたが所属するネットワークマーケティング企業についての知識を頭の中にすべて叩き込んでください。

しっかりと学び理解したならば、あなたはナプキンプレゼンテーションを他の人に教えることができるようになります。今お読みいただいているこの本は、あなたの明日の成功への鍵なのです。

あなたがここで学んだことを誰かに教えることができないと思って、焦ったりする必要はありません。きっとここで紹介している考え方は、あなたがいままで読んだり聞いたりしたことのないことかもしれません。ですからすべてよく理解して、人に伝えることができるなどと期待していません。しかもあなたはそのようなことをしなくたっていいのです。

いいですか、ネットワークマーケティングのプログラムに足を踏み入れたということは、あなたには「スポンサー」がいるということです。もしもあなたのスポンサーが本当の意味での「スポンサー」であれば、その人はあなたの最初の5人の人々のために一緒になってあなたを助けてくれるでしょう。

重要:まさに助け、助けられる関係なのです。それはABCやグループミーティングで「スポンサー」はあなたの友人にナプキンプレゼンテーションをしながら、同時にあなたのトレーニングもしているのです。

あなた自身のためにいくつかの目標を設定することを提案します。あなたのプログラムの2合目に達したころには、この10のプレゼンテーションをしっかりと学びそして理解してください。道のりの4分の3に到達した時点では、あなたは他の人に教えることがきるようになっていることでしょう。あなたが頂上あるいはそれ付近に到達している時は、あなたのグループの人を教育して、彼らが他の人にも教えられるようになっています。そしてこれらのステップを比較的短い期間でマスターすることができればすばらしいことです。

この本(あるいCDも含めて)に書かれているそれぞれテーマに沿い、腰を据えて何度も何度も繰り返し、読み込んでしっかりと学んでください。もしそのことをするようにという宿題を与えられ、本を5回、6回、あるいは10回読み返し、今から1年後、あなたが毎月、20万円、30万円、40万円、あるいは60万円を稼ぎ出すことになるなら、週5時間から10時間程度費やすことは悪いことでもないでしょう。平均的な人でも週に10時間以上はテレビを観ていますので、この宿題をすることによって習慣を変えて、ひいては人生を変えるということに思いをはせてみるというのはいかがでしょうか。

これは「学校へ通う」とても良い方法だと、もうあなたは認めざるを得ないのではありませんか。ではここで大学の教科書の頁をめくって、そこに書かれている事柄をさーっと読んでみてください。残念ながら大学の教科書に書かれていることを実践しても、あなたに上記のようなお金(週20~60万円)をもたらすようなことはありません。

ようこそ、ネットワークマーケティング大学へ!

最初にすべき4つのこと

  1. ビジネスに参加する
  2. 商品やサービスを使う
  3. 高速ギアにシフトする
  4. 友人と商品やサービスの良さを分かち合う(小売りに相当する部分)

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。